ダイエット総選挙2017夏の陣のダイエット方法まとめ!MTCオイルの効果!


ダイエット総選挙2017の夏の陣で紹介のあったダイエット方法!

この記事ではMTCオイルのダイエット法をお伝えします。

⇒ 同番組の肉食やせダイエットはこちら

MTCオイルって何?

ココナッツオイルはダイエットに有効だ!と流行っていますが、

MTCオイルは、ココナッツオイルの上位互換のもっとダイエットに有効なオイルだ!

と考えればOK。

めちゃくちゃ痩せるんです!!

 

ココナッツオイルで痩せるのは、MCTが入ってるから!

そもそもココナッツオイルがなぜ痩せるって言われるかというと、

MCT(中鎖脂肪酸)が入ってるからなんです!!

 

このMCT(中鎖脂肪酸)は、分かりやすく言うと、分解しやすオイルのことです。

 

 

普通のオイルって結構分子の構造が長くて、大きいんですね。

消化する時に、その大きいのをぶっ壊して小さくしないといけないんで、

結構時間がかかります。

 

 

でも、MCT(中鎖脂肪酸)は、分子の構造が短くて、小さいんですよ。

だから、消化・吸収されやすくて、素早くエネルギーになるんです。

 

  • 長鎖脂肪酸(普通のオイル):分子デカイ、分解しにくい
  • 中鎖脂肪酸・MCT(ココナッツオイル):分子小さい、分解しやすい=消化しやすい=痩せる!

っと、簡単にはこんなイメージです。

 

エネルギーとして使われるまでが、MCT(中鎖脂肪酸)の方が早いです。

MCT(中鎖脂肪酸)は、普通の油の4~5倍ほど早いんですよ。だから、ダイエットにいいんですね。

 

 

ココナッツオイルに、MCT(中鎖脂肪酸)は、60%ほど含まれています。

でも、MCTオイルは、そのまま100%がMCT(中鎖脂肪酸)なんですよ。

そりゃ~~ココナッツオイルよりも、ずっとダイエット効果が高いに決まっていますね!

 

そもそもココナッツオイルが痩せるのはMCT(中鎖脂肪酸)が入っているから、

という理由なので。100%のMCTオイルはそりゃ痩せますわ~~

 

MCTオイルは何で痩せるの?

MCTオイルで痩せる理由は、2つあります。

1.吸収・分解が早い

MCTオイルは吸収されて、すぐに分解されるので、脂肪として溜まりにくいのです。だから、太りにくいのです。

だから、いつもの油をココナッツオイルやMCTオイルにかえると太りにくくなるのです。

2.体が脂肪燃焼しようとする

MCT(中鎖脂肪酸)は、肝臓で分解されると、ケトンという物質になります。

このケトンという物質が体内に増えると、

『お腹がへりにくくなる』

『脂肪が燃えやすくなる』

と、うれしいことが一杯。

 

油をとっているはずなのに、それがダイエットになるなんて…

夢のようなオイルですねw

 

何故、脂肪が燃えやすくなるのか?

体は普通、糖分をエネルギーとして使うのですが、糖分がなくなったら脂肪をエネルギーに使います。

それが、MCTオイルの場合、いきなりすぐにエネルギーとして使われるのです。

 

体は、『糖分を使うモード』から、『脂肪を使うモード』に切り替わるので、

MCTオイルで摂取した脂肪以外の、他の体内の脂肪も一緒にエネルギーとして使ってくれる。

 

これが、MCTオイルで痩せる、という理屈になります。

MCTオイルをどう食事に取り入れるか

 

MCTオイルは残念ながら、普通のサラダ油と同じようには使えません。

炒め物や揚げ物に使うことはできないのです。

MCTオイルは低い温度で煙が発生してしまうため、

料理に使うのであれば、料理の仕上げにかけたり、

あえものなどに使うのが良いでしょう。

 

なので、ちょっと摂取し辛い面があるので、

オススメの摂取方法をお伝えします!

コーヒー+MCTオイル!

MCTオイルを摂取して、ダイエットをするなら、コーヒーに入れるのがオススメです!

コーヒーは香りが強いので、MCTオイルを入れても違和感なく飲むことが出来ますし、

あったかいので油がよく解けるんですよ。

 

これがコーラやカルピスだったらどうでしょうか?ぎと~っと水面に油がギトギト浮かんでいたら、ちょっと気持ち悪いですね。

コーヒーなら暖かいので油も溶け込み、違和感なく飲むことが出来ます。

 

また、コーヒーには、ダイエットに有効なカフェインが含まれているので、

カフェイン&MCTオイルで、ダイエットの相乗効果が見込めます。

 

コーヒー1杯(200ml)にMCTオイルをスプーン1杯入れればOKです!冷たいとオイルが解けないので、ホットで飲みましょう!

ダイエット目的なら、ミルクや砂糖は入れないことを、オススメします!

 

コーヒーが苦手な場合、紅茶でもOKです。

 

 

完全無欠コーヒー

完全無欠コーヒーは、一度朝食で飲むと、昼まで脂肪の燃焼だけで空腹を抑えられるという

魔法のような飲み物!そのレシピをお伝えします!

レシピ

  • 有機コーヒー 2杯
  • 無塩バター おおさじ2
  • MCTオイル おおさじ2

 

この完全無欠コーヒーには糖分は含まれていないので、

脂肪の燃焼だけでエネルギーを持たせることが出来ますし、

昼まで空腹にならずに済みます。

 

サラダに使用する

サラダにオイルをかけます。オリーブオイル的な感覚ですね。

MCTオイルはさらっとしていますし、オリーブオイルよりも無味無臭なので、

MCTオイルと塩をかけてサラダを食べるとおいしいですよ。おすすめです。

 

MCTオイルの注意点

MCTオイルは、下痢や胃のムカつきの原因になります。

MCTオイルは体にすぐに吸収されてしまうので、体の処理スピードが追いつかないのが原因です。

ですので、やたらめったらMCTオイルを摂りまくることはオススメしません。

もし、胃のムカつきや下痢などになってしまったら、使う量を減らすことをオススメします。

 

MTCオイルはこちらがオススメ!

楽天へのリンクです。オススメなので、是非チェックしてください。

【関連記事】

⇒ ダイエット総選挙2017夏の肉食やせダイエット!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。